599715



●この掲示板は閑人舎倶楽部のホームページを訪れた方の交流の場として設置いたしました。閑人舎の感想など、なんでも気軽に投稿して下さい。写真などを添付することもできます。
(投稿方法につきましては「ご利用方法」をご覧下さい)

閑人舎倶楽部掲示板


[掲示板に戻る] [アルバム] [ご利用方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[ 指定過去ログ (No.2308) の関連スレッドを表示しています。 ]

幸福の探求? 投稿者:Yukiko 投稿日:2011/11/03(Thu) 01:21:24 No.2308
どういうわけか、三上寛にはまっています。きょうも、六本木の新世界(かつての自由劇場)に行ってきました。ライブ!! 最近まで気づかなかったけど、彼はいろいろなところで、ライブ活動盛んに行っていますね。不思議は客のなかに彼と同世代がいないことです。若者は真剣に聞き入っていたけど、どのように聞こえているのか、知りたい。そして私は? 詩がしゃれてる、声が七色、語りは天下一品、情景が浮かんでくる。まるで一人芝居。かけ声かけたいくらい、と、相変わらずのミーハーな私ですが。出だしはこれでもかと過激にエレキギターをかきならし、叫ぶ。だんだんと、観客を自分の世界に引きずり込み(その力を余裕で持っている)、まんまとそれに成功すると、顔が温和になり、若山富三郎に似てきた。その温和さがどこからきているのかというと、多分観客が若いからじゃないかと。そして、甘い声で最後は「大感情」を歌いました。

お久しぶり 投稿者:新藤 厚 投稿日:2011/11/04(Fri) 10:01:19 No.2309
 まず「幸福の探求」というのは家計問題です。いかに金銭消費を最小化しつつ愉しみを最大化するのかという命題です。何せ一日五百円と制約のある暮らしなので、これが結構大変なんです。最近は山歩きが面白くなってきて、これがちょっとした解決策(ブレークスルー)になりつつあります。
 三上寛は懐かしいですね。よく阿部勉さんの中井のアパートでの「昼の酒席」に子供を連れて来てくれました。そんな縁で何年か前に個人事務所に「閑人舎」の名前を使いたい、と言ってきたのを快諾しました。その後、どうなったのかはよく分かりませんが。
 やはり「みちのく」の産で阿部さんと縁の深かった友川カズキのライブにも若い人間が集まっていると聞きました。友川も寛ちゃんも俺たちと同世代ですが、このあたりにも「初老文化」の何かがあるのかもしれませんね。
 思いだすのはゆきちゃんの「ぐー」時代にクマがよくガ鳴っていた寛ちゃんの「しょうべんだらけの湖」です。もう40年も昔のことです。

無題 投稿者:Yukiko 投稿日:2011/11/05(Sat) 22:04:52 No.2310
三上寛の自伝読んでいたら、牧田さん、阿部さんの名前がでてきてびっくり。新藤さんとも縁があったに違いないと。やっぱり。「閑人舎」の名前を使いたい、と言ってきたとは!
彼はトンネルを抜け、さらに進化している。あの三上寛が、こうもチャーミングさで人を魅了するとは! 
友川カズキも、好きです。端正な顔立ちで東北弁!話の内容もあまりに庶民的!ミスマッチ。呆然としてしまう。今度ライブに行ってみたいと思っていたところです。と、グー時代によくかけていた『密猟の夜』の友部正人。彼もニューヨークと日本を行ったり来たりしてライブ活動、盛んみたい。驚いたのはアツシがつくった石垣島のライブハウス、スケアクロウでもライブをやっていました。
長文お許しください。
ところで、「初老文化」って何よ?

無題 投稿者:新藤 厚 投稿日:2011/11/06(Sun) 14:42:31 No.2311
 その昔、阿部さんが(名前だけの)プロデューサーで寛ちゃんと友川のジョイントコンサートというのを日本青年館でやったことがあるのです。客は入りませんでしたが。タイトルは忘れましたがCDにもなっています。阿部さんの周辺は奥羽越列藩同盟みたいに東北人(蝦夷の末裔)が蝟集しました。小生も会津ですからその末席を汚しました。
「初老文化」というのは還暦を超えた団塊世代(全共闘世代)の
「老い方」のあれこれです。震災で否応なく断絶された「終わりなき日常」の老人版を模索することです。個人的には労働から疎外されたのちの「運動」と「読書」が重要だと思っています。そこに「成熟への道筋」を見出そうとする勝ち目の薄い「たくらみ」です。

無題 投稿者:Yukiko 投稿日:2011/11/06(Sun) 19:10:07 No.2312
そのCD、『御縁』です。買いました。なぜなら、三上寛の「サマータイム」が入っていたからです。そうなんですか、阿部さんがプロデューサーをねぇ。縁を感じます。
初老文化についての説明ありがとう。「成熟への道筋」は永遠のテーマかも。

無題 投稿者:新藤 厚 投稿日:2011/11/09(Wed) 21:41:54 No.2313
 探したらそのCDありました。そんなことをしていたら阿部さん関係の来電が続いたりして、まったく縁とはおかしなものです。
 このところすっかり「山オヤジ」が面白くなってきました。そのはじまりはこの夏に山好きの佐竹レーサと妙義山に登ったのがキッカケですから、ルーツをたどれば40年前のユキちゃんの店ってことでかよね。これも縁です。

無題 投稿者:Yukiko 投稿日:2011/11/11(Fri) 22:58:53 No.2314
ストレートなロングヘアのレーサはなぜ、レーサと呼ばれていたのかな?
なっつかすぃ〜

- Joyful Note -
Modified by isso