閑人舎中高年雪上滑走倶楽部はろくな活動もしなう内に追分閑人舎は店仕舞いしてまいました。会心の企画を練ったのに残念無念。と言うのは負け惜しみ。新藤氏が新たに信州佐久市岩村田に開業した閑人舎バーを訪問してきましたので概要を紹介いたします。場所はTOPページ下段の住所をクリックして下さい。地図が表示されます。機会がありましたらどうぞお立ち寄り下さい。

入り口

まず最初は閑人舎バーの入り口です。元もスナックかパブの様な店だったのでしょうが閑人舎の看板が他の飲み屋とは違う雰囲気を醸し出しています。

ボトル棚

いよいよ店内部の酒棚とカウンター席。支援酒を送ればまずはここに陳列されます。高級酒でもかまわないそうです。

マスター

皆様ご存じのバーのマスター。カウンターの客歴が長いせいか内側の様子もなかなか様になっています。

カウンター席

開店披露日につき照明が煌々としていますが、普段は薄暗くして女性客の化粧崩れが判らない様にしているそうです。

テーブル席

テーブル席です。3脚で10人くらいは収容可能。奥のTVはカラオケ用ですが、迷惑カラオケが不向きな店になる事を望むのは小生だけでしょうか?

新藤氏御用達中軽井沢の飲み屋「いいちこ IICHIKO」の案内

ここの若いマスターも新藤氏の舎弟の好青年。一生懸命励んでいるので新藤氏も気に入っていて支援しています。

外観

ボトルキープ棚

1日10食限定炭火焼き鳥

案内

メニュー

閑人舎中高年雪上滑走倶楽部会長


Copyright(C) 2009 kanjinsha